漕艇技術の向上を目指して ステップアップスクール前編報告

8月5日(日)、今年初のステップアップスクールを行いました。
過去、ステップアップスクールは秋に開催していたのですが、昨年に
「来年は水温が高い時期に開催して欲しい。」とのリクエストがありましたので
今年は夏に日程を組みました。
午前はフォワードストロークと横移動のドローストロークを中心に講習を進めました。
午前の最後は、
20120805IMGP0021.jpg
再乗艇に取り組みました。
再乗艇はコックピット横からとスターンからの2通りの方法を説明。
皆さん果敢に挑戦されていました。
20120805IMGP0022.jpg
後からの乗艇に見事成功!
12時からは、1時間30分ゆっくりと休憩しました。
20120805IMGP0028.jpg
たまにはデザートを作ってみようと思い立ち、
20120805IMGP0033.jpg
前日に仕込んだゼリーの上に、バレンシアオレンジとホイップクリームをのせてみました。
13:30から午後の部開始。
20120805IMGP0049.jpg
午後からは「リーン」について。
艇が静止した状態でのリーン、推進力をつけてのリーン、そしてこの写真のように
2人1組となって、最大限倒せるところまで傾きをつけていただきました。
多くの方がこの状態までのリーンと、水平状態までの復元ができました。
ここからパドルの持ち方と構え、ブレードの動かし方、上半身を起こすタイミングの
すべてを把握・実行できればロールは成功します。
9月17日(月祝)のロール編をどうぞお楽しみに!
20120805IMGP0052.jpg
沈したあとは、再乗艇でセルフレスキューです。
20120805IMGP0053.jpg
時には休憩・・・。
20120805IMGP0056.jpg
午前のフォワードストロークを復習されているように見えました。
漕ぎ始めのフォームがきれいです。
20120805IMGP0062.jpg
2分割の自作艇でご参加。各部に丁寧な仕事が施されていました。
いい表情ですね!
20120805IMGP0072.jpg
午後からもハードに練習が続きましたので、最後に岩場で休憩。
20120805IMGP0103.jpg
つかの間、岩からの飛び込みを楽しみました。
私も同じような着水をしてしまいましたが、後方宙返りの着水を失敗すると
軽い脳震盪を起こしたりしますので、お互い気をつけましょうね。
最後の講習前はゆっくりと休憩しました。
20120805IMGP0120.jpg
20120805IMGP0123.jpg
20120805IMGP0125.jpg
20120805IMGP0132.jpg
20120805IMGP0178.jpg
ステップアップスクール前編の最後は流水域での脱艇からパドルと艇の確保、そして
艇の復元から岸へ艇を寄せる、と一連のセルフレスキューを体験していただきました。
201208805IMGP0182.jpg
20120805IMGP0186.jpg
日が傾き始めた午後4時過ぎ、ステップアップスクール前編が無事に終了。
西日できらめく水上を眺めて、この日最後のストローク。
20120805IMGP0197.jpg
ステップアップスクール前編は、「心地よい疲れ」を通り越してしまいました・・・。
私自身は近年稀にみるグッタリ感が残りましたが、そんな疲れに比例するように
充実感にも包まれた一日でした。
13名の皆さん、スクールへのご参加ありがとうございました。
「カヤックとは乗るものではなく、身にまとうものだ。」と
誰かがどこかで言っていましたが、いつかそんな風にカヤックを着こなしてくださいね!
上田洋樹

木津川下見ツーリング報告 2012年8月17日(金)

明日は木津川・木津〜流れ橋ツアーです。
先日の集中豪雨でコースに変化が生じたかも知れませんので
本日の15時より下見ツーリングを行いました。
20120817IMGP0011.JPG
現在、加茂のテレメーターは閉局となっていますが、水位はおそらく−2.35mほど。
木津より下流の流れは、いたっておだやかでした。
20120817IMGP0013.JPG
木津川で源流部を除いて、最も水の透明度が高い、近鉄鉄橋下流の水たまり。
今日もとてもきれいでした。
20120817IMGP0021.JPG
稚魚も気持ちよさそうに泳いでいました。
20120817IMGP0038.JPG
ダイナミックな夏の雲が美しい下見ツーリングでしたが
その雲より印象的だったのは、インド人が沐浴していたこと。
最も印象的だったのは、京奈和道を過ぎた右岸で、水着一枚の男性が
黙々と腕立て伏せをしていたこと。
あまりのインパクト・ストイックさに、思わず横に並んで腹筋しようかと思いましたが
工場に帰ってからの仕事があるので断念しました。
と、毎回多くの発見がある木津川。
明日ご参加される皆さん、暑い一日になると思いますが
木津川ツーリングをともに楽しみましょう。
上田洋樹

海岸線クルージング 山陰海岸洞窟めぐりツアー報告 7月29日

2012年山陰海岸ツアーの報告2は29(日)の様子をご紹介します(動画はこちらからどうぞ)。
20120729IMGP0003.jpg
ツアーの2日目は、前田が土曜日の夕暮れ時に仕掛けた蟹カゴを引き上げることから
始まりました。午前6時、餘部の浜にあるテトラポッド付近の収穫を確認する前田。
仕掛けは2つ。最初のカゴには何も入っていなかったですが、2つ目のカゴには、
20120729IMGP0008.jpg
小さなカワハギとイシダイ、そして15cmくらいのメバル(?)の6匹が入っていました。
どんな生物でもよかったみたいですが、子供たちに海の生命を見せたかったようです。
早朝の漁を終えてから、朝食・出艇準備・車の回送を終えると、いよいよツーリングの開始です。
20120729IMGP0015.jpg
日曜日の海上は、土曜日よりさらに穏やかになって、終始優雅な航行でした。
20120729IMGP0018.jpg
ツーリングではバウデッキにカメラを固定して動画を撮影されていた市場さん。
市場さん撮影の28(土)に訪れた洞窟、「天国と地獄」の映像はこちらからどうぞ。
20120729IMGP0029.jpg
半円柱状に高くそびえ立つ岸壁。
写真では、その壮大さが伝わらないですが、実際にこの場にカヤック漕ぎ入れると
自然が造り出す造形の見事さに圧倒されます。多くの方が印象に残ったことでしょう。
20120729IMGP0046.jpg
通称「メガネ岩」。
この時間の潮位は高く、画面中央左の輪を往復された猛者もいらっしゃいました。
20120729IMGP0066.jpg
洞窟内、ツーリング風景のシルエット。
20120729IMGP0068.jpg
今回、笠置からスタッフ号で山陰までの往復をご一緒した関川さん。
初日の回送時の待ち時間や、日曜日の早朝では水彩画を描かれていました。
いつ接しても「大人だなぁ。」と感じることが多く、私が尊敬する先輩の一人です。
20120729IMGP0073.jpg
ほとんどの洞窟・洞門の入り口は丸みを帯びた形なのですが、こんな風に角ばった所もあります。
20120729IMGP0082.jpg
三角形もあります。
珍しいウッドとカーボンの複合パドルを愛用されている角丸さん。
この洞窟も、画面にはないですが右側にある入口(出口)から通り抜けることができます。
この洞窟の北西30mあたりに「インディアン島」があります。
20120729IMGP0096.jpg
柱状節理ならぬ柱状突起?無数の細長い四角柱が集合した岩。
これまで何気なく通過していた所に、毎回新しい発見があるのも
カヤックツーリングの大きな魅力の一つです。
日曜日もコース中間地点の岩場で休憩。
20120729IMGP0099.jpg
子供たちが眺めているその先には、
20120729IMGP0122.jpg
太陽の光でキラキラと鱗が光る小魚の群れや、
20120729IMGP0123.jpg
体調5cmくらいのイシダイの子供の群れ。
これまで何度も山陰の海でシュノーケリングしましたが、こんなに間近で
イシダイの群れを見たのは初めてのことでした。隊列を組み、尾びれを細かく振って
泳ぐその姿は、私にとって2日間で最も印象に残った瞬間でした。
休憩を終えてからは、ゴールの香住を目指します。
ツーリング終盤は香住海岸西に流れ込む矢田川を1kmほど遡り
淡水域で艇の塩抜きと、全身水に浸かって体を冷やしました。
20120729IMGP0163.jpg
矢田川を下る直前、ツアーの最後に全員で記念撮影。
皆さんの晴れやかな表情が素敵な1枚です。
この後、矢田川河口に着艇。
撤収を終えてから、全員で香住の食堂で昼食をとって、解散となりました。
土曜日の4名・両日の14名の皆さん、ご参加ありがとうございました。
来年の山陰でもご一緒できることを楽しみにしています!
上田洋樹
動画は2本あります。一覧はこちらからどうぞ。

梅雨明けのシーカヤッキング 山陰海岸洞窟めぐりツアー報告 7月28日

海は梅雨明け直後、「梅雨明け十日」と呼ばれる凪の状態となります。
フジタカヌーではシーカヤッキングに絶好なこの時期に山陰海岸ツアーを毎年開催しています。
2012年7月28日(土)の洞窟めぐりツーリングは小学4年生の男の子から
私の父と同世代くらいの方まで、男性15名、女性5名、総勢20名の方がご参加くださいました。
まずは、ツアー初日の様子を18枚の写真でご紹介します。
動画はこちらからどうぞ。
20120728IMGP0058.jpg
出艇はJR浜坂駅にほどなく近い田井の浜から。
浜を出て、30分ほど漕ぐと「T路の洞窟」があります。
この洞窟は文字通り平面状でT字になっていて、細い入り口から進入すると突き当たり
そこから洞窟が左右に分かれています。
写真のシャッタースピードは90分の1秒くらい。
青いブレードの軌跡がきれいな1枚となりました。
20120728IMGP0059.jpg
洞窟内の水の色は独特。
イタリアの青の洞窟まで行かなくても、日本にはこんな素敵な場所があります。
20120728IMGP0065.jpg
T字の洞窟の入り口。
突き当たり付近では天から、夏の強い日差しが差し込んでいます。
20120728IMGP0070.jpg
この写真の左側では、波が高くなると岩に強く水が当たり
「ドーン」という重低音が洞窟内に響きます。
20120728IMGP0071.jpg
天からの光で明るく光る黄色のカヤック。
山陰海岸に数ある洞窟の中でも、この洞窟はきっと印象に残る空間だったと思います。
20120728IMGP0086.jpg
そして山陰海岸ツアー初日のメインの洞窟、「天国と地獄」。
この洞窟も入り口は広いのですが、奥に行くに連れて幅が狭くなり
突き当たりで航路が直角となります。
それから幅はパドリングができなほど更に狭くなって、光がない暗闇となります。
事前に準備していただくようにお伝えしていたヘッドランプはこの洞窟で使用していただきました。
20120728IMGP0091.jpg
暗闇の地獄を抜けると、光で生じる岩の陰影の出口があります。
この洞窟は通り抜けることができるのです。
20120728IMGP0093.jpg
天国を洞窟の外側から撮影。
ここから大島を過ぎて、磯で40分ほど休憩しました。
20120728IMGP0099.jpg
磯で上陸してからは、しばらく自由な時間です。
多くの方々がゴーグルを装着して遊泳の時間を過ごされていました。岩場ではカニ
水中には紫ウニ、イソギンチャク、サザエ、アワビ、トコブシと多くの生物を観察できました。
20120728IMGP0111.jpg
参加メンバーの仲井さんからの差し入れのスイカ。
20120728IMGP0112.jpg
大玉のスイカは、かなり重たかったと思います。
お心遣いに感謝します。氷もありがとうございました。
20120728IMGP0129.jpg
航程中間での休憩を終えると、ゴールの新余部橋を目指します。
以前は趣のある鉄骨の橋脚が狭い間隔で立ち並んでいたのですが
コンクリートの鉄道橋となってからは、海上からは3つの橋脚が見えるようになりました。
風情がなくなった反面、地元の方に感想を聞いてみれば
「音が静かになって、何より列車が落ちる心配がなくなって安心できる。」とのことでした。
餘部着艇後は川戸屋さんの2つのお風呂で男女別れて入浴。そして19:15から夕食。
今回のツアー参加費を、昨年の料金より高めに設定したのは、
20120728IMGP0133.jpg
このお刺身の舟盛りをお願いしたからです。
20120728IMGP0135.jpg
他にはサザエのつぼ焼きや
20120728IMGP0142.jpg
焼きガニなど、食べきれないほどの量でした。
食事のあとは、今回参加の子供たちのために、スタッフ前田提案の花火タイムを
川戸屋さんの向かいにある小さな公園で設けました。
20120728IMGP0151.jpg
手持ち花火や、
20120728IMGP0154.jpg
吹き上がり、はじけるように光る花火。
やさしくそよぐ海風の中、夏の風物詩がツアー初日の最後を美しく飾ってくれました。
20120728IMGP0164.jpg
新余部橋を通過する列車。
この夜は全員早めに就寝して、翌日のツーリングに備えたのでした。
29日編につづく
上田洋樹
ツアー動画は2本あります。You tubeでご覧ください。

6月11日(月) 笠置カヌースクール報告

梅雨入りした6月の平日、カヌースクールを開催しました。
今回は講習風景を中心に1日の様子をご紹介します。
20120611IMGP2469.jpg
カヌースクールは10時30分開始。
1日の予定をお伝えしてからはスタッフ紹介とご参加の皆さんの自己紹介。
準備運動をしてから、装備や道具の説明、パドリングの基本(前進、後進
減速、方向転換)、艇の説明、運搬の仕方などの陸上講習を行います。
写真はパドルについて説明しているところです。
20120611IMGP2478.jpg
漕ぎ方の説明のあとは全員で水際までカヤックを運び、乗り降りや姿勢
転覆した際の対処の仕方などをお伝えします。
20120611IMGP2479.jpg
これらの講習後は流れのおだやかな水域で、まずは自由に乗っていただきます。
少し慣れてきた頃には下半身の使い方や定位置旋回、スターンラダーの練習を
行います。12時からは1時間の昼食休憩。
20120611IMGP2491.jpg
午後からは約6kmをツーリングします。
川を下る前には瀬の下り方やコース取り、水の流れや障害物の見極め方
本流への入り方や岸へ艇を寄せる方法などをご説明します。
毎回この説明時は皆さん真剣に話を聞いてくださいます。
20120611IMGP2492.jpg
川下りの説明のあとは、水辺で艇の傾け方やバランスの取り方、艇内にたまった
水の抜き方、流れのある所で沈した際の対処方などを説明。
そして、いよいよツーリング開始。
20120611IMGP2493.jpg
笠置大橋下の瀬。
いつもは右岸側から撮影するのですが、この日は左岸から撮影しました。
20120611IMGP2507.jpg
午前から笠置大橋下の瀬を通過するまでは沈はゼロでしたが
その後の左カーブの瀬から、ゴールするまで沈が続出・・・。
画面右側は大阪南港北ATC内にお店を構えるカヤックコウノトリの河野さん。
当日はレスキューありがとうございました!
20120611IMGP2508.jpg
コース前半の1枚。
中間地点では休憩のあとに流れを横断するフェリーグライドを練習します。
20120611IMGP2510.jpg
ゴールまで1.5kmほどの地点、全員で筏を組み記念撮影。
この日のご参加は16名。梅雨の時期ですが、そよ風が心地いい一日でした。
フジタカヌー 上田洋樹

ファルト限定 竹生島ツアー報告 2012.6.9

IMGP2020.JPG
今年の竹生島ツアーは普段と趣向を変えて、ファルト限定ツアーで開催。
電車と琵琶湖汽船、公共交通機関を利用した片道ツーリングを楽しんできました。
ツアーの様子はYouTubeでもご覧いただけます。
IMGP2024.JPG
いつも電車で参加のK氏、京都市内からゆっくりと読書を満喫中。
車で来られた方からも、ファルトの旅は移動中に色々な事が楽しめることに感動。
これからはたまに、電車で参加したいとの感想もありました。
IMGP2033.JPG
初心者・レンタル艇の方は、スタッフと一緒に組み立てに挑戦。
IMGP2054.JPG
新緑の上にこぼれた雨粒。
雨の日は雨の日ならではの景色が待っています。
IMGP2125.JPG
このような形のクヌギの木を、山親父と呼ぶそうです。
IMGP2141.JPG
奥琵琶湖の隠れ里伝説が残る菅浦集落。
少し寄り道して、名物かぐや餅を食べに立ち寄りました。
IMGP2194.JPG
地元の漁師から船の難所と呼ばれる、つづら尾崎から竹生島を眺める。
呼吸するように時折雨が降りますが、この日は波風も静か。
島へ渡る途中で集合写真を撮る。
IMGP2219.JPG
IMGP2246.JPG
緑の色濃き竹生島の周囲をぐるりと散策。
島の周囲は断崖が続きますが、南東部に唯一の船着場があります。
港に面した狭い斜面を見上げると、張り付くように神社仏閣が建てられています。
IMGP2300.JPG
桟橋でファルトをザックに撤収、今津行きの定期船が来るまで島内を散策。
豊臣秀吉の御座船の廃材で造られたと伝えられる舟廊下を見た方は、
ノルウェーの木造教会で見た天井も、ヴァイキング船の形で作られていたことを
思い出したそうです。
宗教・文化も違うのに水辺の国同士、同じ思考の共通点があって面白いですね、
散策の最後は、竹生島神社へ。
湖に面した竜神参拝所で、日頃のツアーの報告とお礼を祈ってきました。
IMGP2352.JPG
定期船から続く白い軌跡は、名残を惜しむようにいつまでも島とつながっているようでした。
さらば竹生島よ。
おまけ
ツアー終了後、希望者で新旭水鳥センターへ移動。
福島で震災支援の活動をされている「はからめ」鈴木ご夫妻から、震災の活動について
ミニトークとスライドショーを見せていただきました。
朝から色々と盛り沢山、たっぷり遊んだ1日でした。
参加者の皆様、ありがとうございます。
ツアーの様子はYouTubeでもご覧いただけます。

木津川カヌースクール報告 6月3日(日)

6月3日の日曜日、笠置でカヌースクールを開催しました。
天候は終日曇り、水位は−2.39mとやや少なめでしたが
午後からのツーリングでは、弱い追い風を背中に受けて
ゆったりとした川下りを楽しむことができました。
20120603IMGP0008.jpg
午前の陸上講習の様子。
艇内にあるフットブレイス(つま先で踏ん張るためのペダル)を
前後に調整しているところです。
20120603IMGP0009.jpg
基本のパドリング講習のあとはカヤックを水辺に運びます。
川での乗り方・降り方と沈した際の対処方を説明してから
午前中は流れの穏やかな水域で基本操作を練習します。
20120603IMGP0029.jpg
1時間の昼食休憩後、午後からは笠置から銭司まで、約6kmをツーリングします。
笠置大橋下、右岸側の瀬での1枚。艇はPE-2-470ノアです。
20120603IMGP0035.jpg
アルミとグラスパイプのハイブリッド艇・アルピナ-1-450。
20120603IMGP0044.jpg
A-1-Gでコース中盤の瀬をゆく。
この日はスケグ(スターン側のボトムにあるフィン)をはずして乗っていただきました。
20120603IMGP0062.jpg
この日のご参加は4名。3艇を横並びにして記念撮影。
2人艇は立つことができるほどの安定感があります。
20120603IMGP0063.jpg
4名の皆さま、カヌースクールへのご参加ありがとうございました。
いつかまたご一緒できる日を楽しみにしています。
フジタカヌー 上田洋樹

笠置カヌースクール報告 5月20日(日)

IMGP1026.JPG
午前中のみの半日体験と、一日カヌー体験スクールを同時に開催。
スクール開始前、20人近くが集まったカヌー広場はいつも以上に賑やかです。
IMGP1054.JPG
初めて乗るカヌーでも元気一杯の笑顔!
IMGP1053.JPG
小学生低学年の姉弟も一人艇に挑戦。
まだ心配そうに漕ぐ姿を、ベテランのお姉さんが優しく見守ってくれています。
IMGP1078.JPG
IMGP1101.JPG
強い風にあおられたのか、午前中には沈が三名。
ひっくり返ったあと、爽やかな笑顔になるのは共通です。
IMGP1121.JPG
笠置大橋の下から迫力ある瀬の流れが始まります。
しっかり昼食を食べてから、午後の川下りをスタート!
IMGP1141.JPG
まだ小さい子供たちと共に5名で参加のご家族。
午後からの川下りは、2人艇二隻に分乗してツーリング。
ちびっ子たちも、安心して水辺からの景色を満喫してくれたようです。
IMGP1179.JPG
途中、静かな川原で一休み。
自家製酒粕酵母で仕込んだ天然酵母パンの差し入れ、みんなで美味しくいただきました。
ありがとうございます!
IMGP1194.JPG
午後からも再乗艇や沈脱の練習など、充実の一日でした。
またお会いしましょう!

木津川カヌースクール報告 5月13日(日)

きれいな青空が広がるなか、笠置にてカヌースクールを開催しました。
IMGP0872.JPG
午前中 流れが穏やかな静水域でしっかりと基本操作を練習。
艇の操作に慣れるにしたがって、少しずつ笑顔がこぼれてきましたね。
この日は5歳の女の子がお父さんと参加。
二人艇で仲良くツーリングする姿はなんとも微笑ましかったです。
IMGP0885.JPG
狭い岩場の迷路もカヌーなら、す〜いすい。
IMGP0893.JPG
カヌー・カヤックでの日本一周を夢に、スクールに参加されたそうです。
こちらもお話を伺っているだけでワクワクしてきました。
フジタカヌーは「小さなカヌーの限りない楽しさ」をお伝えしています。
IMGP0978.JPG
IMGP0951.JPG
穏やかな風景と波しぶきを浴びる瀬が交互にあらわれるスクールのコース。
何回下っても飽きることがありません。
IMGP0981.JPG
ときには、どきっとするような自然の光景と出会えることも。
IMGP0988.JPG
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
またご一緒できる日を、楽しみにしております。

5月6日(日)桂川から淀川へ 電車でファルトツアー報告

公共交通機関を使った、ファルトボートの面白さを探るツアー。
大好評の第二回目は身近な名川、桂川と淀川をツーリングしました。
ツアーの様子は、YouTubeでもご覧いただけます。
IMGP0623.JPG
普段のツアーは車で回送を行いますが、今回は電車を利用します。
それぞれが乗る艇はザックに収納した状態。
駅からスタート地点淀の川原まで、徒歩で移動します。
IMGP0626.JPG
背負って運ぶか、カートに乗せてコロコロするか。
それぞれの工夫を凝らしたアイデアはどれも興味深いものばかり。
しっかり情報共有をして、次のツーリングに活かしていきましょう。
IMGP1436.JPG
前回に引き続き、河川レンジャーの仁枝氏が同行。
桂川流域の歴史や地理など、貴重な内容のお話を伺いました。
IMGP0691.JPG
直接見ることはできませんが、新緑生い茂る堤の向こうには宇治川が流れています。
明治の河川改修で、オランダ人土木技師ヨハニス・デ・レーケによって設計された導流堤。
高・低木林の豊かな植生のなかに、アカゲラなどの野鳥が棲んでいるそうです。
IMGP07112.JPG
岩礁帯の岩盤によって形成された迫力ある落ち込みが現れます。
ここがコース最大の難所、艇を降りて全員で下見。
IMGP072111.JPG
IMGP0714.JPG
波と戯れる二人艇。
この後、大量の水がコックピットに浸水して潜水艦のようになっていました。
コーミングと喫水線が同じ高さになっても沈をしなかったバランス感覚は、さすがの一言。
貴重なものを見せてもらいました!
IMGP0781.JPG
ほっと一息、笑顔が素敵ですね。
IMGP1479.JPG
桂川の終着地点。
向かって右手が宇治川と木津川の流れ、左手が桂川。
ここで流れと交じり合い、淀川へと河川の名称が変わります。
IMGP0801.JPG
昼食休憩。
作るのも食べる方も真剣勝負です。
IMGP0804.JPG
広い空に響き渡るオオヨシキリの鋭い声。
「誰もいない静かな世界は、宇宙空間に浮かんでいるよう。」との、感想がありました。
IMGP0821.JPG
弥生時代の土器片に古代の歴史とロマンを感じる。
こんな遊びをツーリングに取り入れるのも面白いですよ。
IMGP1509.JPG
GWの最後日、バーベキューを楽しむ人であふれる枚方公園でゴール。
レンタル艇と初心者の方は、ファルトの撤収までをご一緒に行います。
きれいにザックに収納して解散となりました。
ツアー後の参加者の感想として一番多かったのは、瀬の迫力があって面白かったこと。
やはり瀬を漕ぎ下る爽快感は、川下りの大きな楽しみの一つですね。
カヌーで下って水の汚れが分かったと、桂川の水質の汚れについて述べられる方も
おられました。
これについて仁枝氏は、上流の上鳥羽に京都市民の生活を支える下水処理施設があること。
そして今の桂川は上流に日吉ダムで水を蓄えるぶん、全体の流量と流速が減っている。
その為にせせらぎを作るような瀬が少なくなり、川の自浄作用ができていないとの説明が
ありました。
普段の生活では気づきにくいことも、自然の中に入りこめるカヌー・カヤックからの
視点で気づくことができる。
生活圏に近い川ならではの環境に対する発見もあったようです。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。
淀川の流れが大阪湾へとたどり着くまで、ここから約30キロ。
このまま海へと漕ぎでましょうか。
ツアーの様子は、YouTubeでもご覧いただけます。