2012.4.1(日)桂川ファルトツアー紹介 堰堤を越える

新規ツアーの桂川はどのようなところか、テーマ毎に分けてご紹介していきます。
まずは数キロ毎にあらわれる堰堤について。
DSC04837.JPG
少し高い所から写してみました。
手前の水面と奥の流れに段差があるのがわかりますか?
よく観察すると、堰堤の手前はプール上になっているのも判断できます。
水面を川幅全体に線を引いたような景色は、何か人工物があるサインです。
DSC04109.JPG
通常のツアーでは人工の障害物が少ないコースを選びますが、今回は約16キロの
区間に6箇所の堰堤が設置されています。
これらを安全かつ、なるべく労力を使わない方法を選びながら突破していくのが、
ツーリングのポイントです。
DSC05155%82P.JPG
なんともやっかいなように感じるでしょうが、1つ目で乗り越え方のコツを掴むと、
次からはその応用。建設された時期や目的に応じて形が違うので、一日で色々な
パターンの対応方法を体験できます。
DSC04197.JPG
すべて十メートルを越えるような、高低差はありません。
艇を担いで、陸路を歩き障害物を越えることをポーテージ。
カヌー・カヤックを水に浮かべたまま、歩いて障害物を越えることをライニングダウンと呼びます。
DSC05164.JPG
堰堤下の水域に足をとられる障害物がある場所では、担いで乗り越えます。
ツアー当日は、協力しながら艇を運んでいきましょう。
DSC04173.JPG
DSC04170.JPG
次のページでは、ツーリングの景色をご紹介します。

“2012.4.1(日)桂川ファルトツアー紹介 堰堤を越える” への1件の返信

  1. 堰堤を越えるのは大変そうですが景色は最高のようですね。
    水質もとても良いように見受けられますね。
    人口の堰は完全に遮断されていますが自然の川は水量さえあれば下るのに問題はないのにね・・・・!
    桂川は一度下りたい場所だったんだけどなぁ。今回は皆さんの奮闘を見守ります。早く皆さんの笑顔をブログで写真や動画に載るのを楽しみに待っています。
    宇治川のお花見や大津の瀬田川のお花見には参加する予定で楽しみにしている たっちゃんでした。

コメントは受け付けていません。