漕げる幸せ 宇治川お花見ツアー報告 2013.4.13(日)

フジタカヌー宇治川ツアーの様子はYouTubeでもご覧いただけます。
早朝、淡路島付近で発生した震度6弱の地震。
電車の運行が乱れる影響はありましたが、幸いにも参加者の皆さんに直接の被害はなく、
全員が宇治川に揃うことができました。
それぞれのお住まいで感じた事を報告し合い、予定通りにツアーを開催。
今年は桜の開花が早く、ゴールの背割堤は残念ながら葉桜。
しかし、伏見港公園では予想外の景色に出会えた幸運もあり、春ならではのツーリングを
楽しむことができました。
IMGP0015.JPG
ツーリング出発前にA-1Gの進水式を行いました。
頭文字のAはオールラウンドの略。
川海湖と、沢山のフィールドで思い出を築くことができますように。
全員で祝福をして出発です。
なお、水温が冷たいために、恒例の「放り込みの儀」は割愛させていただきましたが、
ご本人は下流でシッカリと清めを行われました。
IMGP0036.JPG
天ヶ瀬ダムから約二キロの区間は渓谷の雰囲気を楽しめます。
視点が変わると、近場にも豊かな自然が残っている事に気づきます。
IMGP0037.JPG
IMGP0079.JPG
観月橋付近、木造三階建てが印象的な料亭月見館。
近代の町並みが続く宇治河畔で、古くからの歴史を感じさせてくれる景観のひとつです。
旅館の入り口には当時の和舟が展示されています。
IMGP0111.JPG
かつては「京都の玄関口」と呼ばれた伏見港跡で昼食休憩。
桜は満開の姿で私達を歓迎してくれました。
素晴らしい景色の中でいただく、食育キッチンISHIGUROさんのお花見弁当も大変好評でした。
IMGP0136.JPG
IMGP0137.JPG
宇治川沿いの近代土木遺構、三須閘門
伏見港内の濠川との水位差を調整、宇治川との舟運を通すため昭和4年に建てられました。
年間二万隻もの利用があったそうですが、水運から陸路輸送への転換。
そして、昭和39年天ケ瀬ダムの完成によって、その役割を終えます。
IMGP0163.JPG
「澱む川から、淀川と名前がついた。」とも言います。
柳の新緑が続く川岸、パドルを一漕ぎするごとに心が洗われていくようです。
IMGP0168.JPG
IMGA0253.JPG
折りたたみカヌー・カヤック、ファルトボートを背負ってのご参加。
お帰りになる前に、アルピナ2-430と共に京阪八幡市駅で記念撮影。
絵になりますね〜。
青空の広がる爽やかなツーリング日和でした。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございます。
宇治川ツアーの様子はYouTubeでもご覧いただけます。

3 Replies to “漕げる幸せ 宇治川お花見ツアー報告 2013.4.13(日)”

  1. この朝は本当にビックリした地震でした。又地震が来たら嫁は一人で怖いよと言いながらも、旦那は一人宇治川ツアーへと出て行きました。
    でも、楽しいツアーであったことは写真からも、帰ってきた旦那の笑顔でも良く分かりました。
    桜も満開でお弁当もとても美味しそうでした。進水式もあったようでおめでとうございます。
    あっという間に4月ももう終わりで5月の若葉の季節になりますね。楽しい時間は早く過ぎますね。

  2. 行きたかったなー、行きたかったなー、行きたかったなー…
    今年こそはと、楽しみにしてたのに、旦那が出張というまさかの事態に…
    うちはいつになったら宇治川を下れるのでしょうか…
    来年も…あやしいなぁ(泣)

  3. フセヨメ様へ
    宇治川下りは楽しいよ。
    私も2回参加しましたよ。
    瀬が好きなら橋桁のところの水流はスリルがあるよ。
    天ヶ瀬ダムから少し下ったところと、出発地点の一部が要注意だよ。
    私が参加したときは安全な場所を必ず探してくれて、皆さんが優しく見届けてくれますよ。
    私は瀬が恐いし、沈がメチャクチャ恐いから。
    何年も経っているのに中々慣れません。
    でもベテラン連中どうしの時はそのままスート行くらしいよ。
    一部、渦巻いている所があるから沈をする人が一人二人見かけるけれどね。
    それを見るたびにこわ!!って思い慎重になります。
    川は岩にぶつかった水流が時々渦巻きのように左右から、上下から波が浮き上がってくる場所が有るからね。
    何度淀川を下っても慎重になってしまう私です。
    ご一緒に宇治川が下れるように楽しみにしています。どこかのゲレンディで会いましょうね。

コメントは受け付けていません。