波を渡って竹生島へ 琵琶湖雪見ツアー報告 2013.2.3

IMGP2598.JPG
今年は好天が続き、湖岸沿いの雪はほとんどが溶けていました。
銀世界は遠き山のうえに。
気を取り直して、竹生島を目指すことにします。
IMGP2623.JPG
出艇場所のつづら尾崎周辺は、強い北西風の吹き出し口になっている舟の難所。
当日の状況を慎重に判断しながら島へ渡ります。
IMGP2630.JPG
経験者が集っていたので、迫力ある波風も力強く漕ぎ抜けていきます。
IMGP2637.JPG
IMGP2684.JPG
島内に建つ宝厳寺では、水と縁の深い弁財天を祀っています。
弁天様のお使いは白蛇とのこと。
巳年にかけて、皆さんと一緒に日頃のお礼を参拝してきました。
IMGP2673.JPG
IMGP2723.JPG
手早く観光を済ませ、再びつづら尾崎へ。
冷たい北風をさけられる場所を探して昼食休憩。
IMGP2713.JPG
湖北の冬の名物といえば鴨。
この日の献立は地元の真鴨を使った鴨南蛮そば。
しっかりとしたお出汁が効いていて、深い味わいを美味しくいただきました。
おかわりも多く、綺麗に完食。
IMGP2729.JPG
IMGP2735.JPG
日の高いうちに菅浦の浜へ到着。
琵琶湖一周を目指すメンバーも多く、参加者同士での会話も盛りあがりました。
つづらお荘のお風呂で体を汗を流して解散。
遠く青空に浮かぶように竹生島をジッと眺めていると、湖岸の桜に目がいきました。
よく観察すると枝には小さい蕾がしっかりと結ばれています。
立春も過ぎ、少しずつ春の気配を感じられるようになりました。
お花見も、もうすぐですね。
ツアーの様子は、YouTubeでもご覧いただけます。

“波を渡って竹生島へ 琵琶湖雪見ツアー報告 2013.2.3” への2件の返信

  1. おお、いいね。
    少々風が有ったようですが、楽しいそう。
    鴨そばも旨かっただろうなぁ。
    今年は雪がなくて、雪のテーブルが出来なくて残念(*^。^*)だったね。
    楽しい写真と動画嬉しいなぁ。
    皆さんあと少しで参加しますからそれまでブログで楽しんでますから珍ショット待ってますよ\(^o^)/

  2. ミィちゃん
    いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
    冬に湖北を漕ぐときは真鴨の料理がでるかもしれませんよ。
    参加者の皆さんと作る野外料理は、料理屋さんにも負けない味わいがありました。
    寒い時期の珍(沈)ショットは誰がしてくれるのか。私も個人的に楽しみにしています!?

コメントは受け付けていません。