PE-1-400・480スペリオ ファルトボートのリブフレームが完成するまで 【最終回】

最後はリブフレームとデッキ・キールパイプを割りピンで接続します。
IMGP0693.JPG
リブフレーム中央の上下にあるピンをパイプに挿入して
IMGP0694.JPG
割りピンが180度開くようにハンマーでピンを外側に打ち込みます。
IMGP0695.JPG
デッキとキールを接続して製造の工程が完了。
組み立てはこの状態で他の部品と接続します。
次回はアルミフレーム艇のアルピナシリーズのリブフレームについてご紹介します。
上田洋樹

“PE-1-400・480スペリオ ファルトボートのリブフレームが完成するまで 【最終回】” への1件の返信

  1. この度フジタカヌーでファルトボートを注文する事にしました。ひとつ一つ沢山の行程を経てステキな小舟が創り出されていくのだなあーと驚きました。本当に全て手作業なのですね。私の小舟も仕上がってくるのがとても楽しみです。世界に一つしかない小舟大切にします。

コメントは受け付けていません。