2011年山陰海岸ツアー報告2 洞窟とインディアン島

2011年夏の山陰海岸ツアーの報告2は洞窟内の写真とインディアン島の写真をご紹介します。
730IMGP0058.jpg
洞窟の入り口での1枚。
カメラの露出を自動に設定していると、外部の明るい光と内部の暗さで
このような仕上がりになることがあります。
730IMGP0078.jpg
土曜日前半にあるT路の洞窟。
沖から洞窟をまっすぐ進むと岩に突き当たり、そこから左右に進むことができます。
写真は河村シェフが狭い区間を手探りで通過している様子です。
730IMGP0079.jpg
突き当たり付近での1枚。
ここでは岩の屋根がなくなり、写真のように明るい日差しが差し込みます。
730IMGP0080.jpg
洞窟左の行き止まりでは波が岩に激しく当たり、「ドーン」と体の奥深くに伝わるような
自然の重低音が鳴り響いていました。
音量は大きいけれど、耳に心地よいその音をしばらくこうして聴きました。
山陰海岸に数ある洞窟の中でも、この洞窟は多くの魅力を兼ね備えています。
730IMGP0177.jpg
但馬御火浦(たじまみほのうら)で広く知られる「釣鐘洞門」。
釣鐘のような入り口、内部も鐘のような形状の大きな空洞となっています。
730IMGP0195.jpg
洞窟から出る時はこんな感じです。
731IMGP0037.jpg
鎧港の東側にある「インディアン島」。
南から見るとこのようにインディアンのように見えます。
頭頂部の樹木がネイティブな雰囲気をかもしだしています。
731IMGP0040.jpg
北東から見たインディアン島。
現場では分からなかったですが、こうして写真を見るとゴリラのようです。
来年のツアーでは「インディアン&ゴリラ島」として紹介しようと思います。
海の幸編につづく
フジタカヌー 上田洋樹

“2011年山陰海岸ツアー報告2 洞窟とインディアン島” への1件の返信

  1. 光と影という感じのショットですね。
    見れば見るほど神秘的ですね。
    自然造形が素晴らしいですね。
    過去から未来へ・・・
    闇から希望へ・・・
    丁度洞窟の中から外の光が今の日本を象徴しているようで、早く心のそこから笑顔が見られるような世の中になって欲しいですね。
    何年も何十年も何百年も見守っていただろう岩達。
    これからもズート変わらず黙って見守っていく事でしょう。
    毎年毎年沢山の人たちがこの景色を見て、感動を胸に、いつまでも記憶に残る光景でありますように・・・・・

コメントは受け付けていません。