韓国カヌー事情 その2 イムジンガン編

韓国カヌー 東江(トンガン)を下り終え、ソウルへ戻りソウルゲストハウスで泊まり
翌日の23日 北朝鮮との国境を流れるイムジンガンへ・・・
非武装地帯付近を車で移動…とは言え、なんともない緊張感。
今回 案内していただいた趙氏は、「大丈夫」と…
(趙氏は、韓国のフジタカヌーの販売代理店の社長です)
出艇地点付近で、韓国のカヌーイストの 真さんと合流(真さんは、アルピナ460を愛用いただいているフジタカヌーのユーザー)車の回送など協力いただいた。
建設中のダムの下より出艇。 
出艇地点より上流側建設中のダムを望む
最初は、淀川の雰囲気をゆったりと下る。
数キロ下ると渓谷に入る。
数多くの滝
韓国のナイアガラ
趙氏いわく「韓国のナイアガラ」数キロにわたって両サイド絶壁。
所々滝がありなかなかの景色でした。
イムジンガンは、北朝鮮との国境を堺に北から流れ韓国に流れ
さらに、また、北に流れ、漢江に流れ込むと言った川。
今回は、約10Kmを下った。 後、ソウルへの帰路へ。
途中、板門天近くの国境沿いの公園で休憩。
巡回警備する兵士
朝鮮戦争の生々しい傷跡
イムジンガン下りは、韓国と北朝鮮の歴史を考えさせられるという意味で有意義な
川下りとなりました。

One Reply to “韓国カヌー事情 その2 イムジンガン編”

  1. 自然の風景には国境はないね。
    どの川もどの山も美しく心を癒してくれますね。
    韓国、北朝鮮と国をさえぎる国境は川の水には関係ないね。
    自然に流れ自然に育ちなぜ、国と国がにらみ合い、人一人づつは優しい人たちなのにね・・・・。
    富がそうさせるのか、欲がそうさせるのか・・・・。
    鳥達のように国境がなく、自然に行きたい場所へパスポート無しにいける世の中になればいいね。
    大自然の中では、人間の力なんか小さいものよね。
    楽しい素晴らしい韓国カヌーツアーを見せてもらってありがとう

コメントは受け付けていません。