琵琶湖1dayツアー報告(彦根〜柳川) 2012.05.27

IMGP1700.JPG
日帰りツアーを重ねながら、カヌー・カヤックで琵琶湖一周を目指すツアー。
今月も湖岸沿いをゆっくりと時計まわりに漕ぎながら、季節ごとに移り変わる景色を
楽しんできました。
IMGP1769.JPG
梅雨入り前の爽やかな空の下、波も静かな水面を軽快に漕ぎ進む。
IMGP18011.JPG
白い浜が続くコースのなか、琵琶湖に流れ入る犬上川の河口付近には
カワヤナギの木々が緑豊かな林をつくっています。
水際に生えた木の、狭いすき間を通り抜けるのが面白い。
IMGP1766.JPG
湖の上での出会い。沖で仕掛けを回収している漁師さんと挨拶を交す。
うなぎを獲っているそうです。
IMGP18171.JPG
IMGP1819.JPG
昼食休憩は野外料理に挑戦。
羽釜で炊き上げたつやつやのご飯と、焚き火料理。
ダッチオーブンには、煮込み料理を任せておきましょう。
IMGP18281.JPG
しっかり食べてお腹も一杯になったところで、湖岸にある三津屋の集落を散策。
蓮光寺のご住職から、往時の雰囲気を写した古い写真や絵を拝見。
地元の方達も交えて、貴重な昔話の数々を伺いました。
町のなかには昔の水路が埋め立てられた、五條橋という場所があり、
「ここに立って細い路地の向こうに見える琵琶湖を眺めたとき、今は無い橋をから
景色を日々眺めていた人達に想いを馳せることができた」と、参加者の感想。
素晴らしい感性ですね!
気付かずに通り過ぎるような風景の中に、生活する人の息遣いを感じた瞬間でした。
IMGP1829.JPG
琵琶湖一周を目指して漕いでいると、びっくりするような嬉しい出来事が沢山訪れます。
メンバーのお一人がご住職を見て、驚いた声をあげられました。
なんと、以前は地元で教鞭をとられていたご住職から、教えを受けていたとの事。
学生時代から二十数年ぶりに、恩師との再開。
不思議な偶然もあるものですね。私達も嬉しい瞬間を共有することができました。
素敵なご縁に感謝です。
IMGP1846.JPG
石寺の浜並木とよばれる松並木が、約三キロほどつづく湖岸。
遠浅の浜が続き、風が吹くと沖からの波が打ち寄せる区間でもありますが、
今日の湖は昼寝をしているように穏やかでした。
IMGP1857.JPG
IMGP1873.JPG
湖岸に咲いたニセアカシアの可憐な花束。
IMGP1718.JPG
彦根城のお堀をバックに撮った集合写真。
すっかり青葉に包まれた、お堀の景色も見事でした。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。
終了後のアンケートには、ノンビリと琵琶湖のツーリングを楽しめたのが良かったと、
急がずに漕ぐツアーの進行を喜ばれる方。
普段から仏像巡りをされている方は、お寺で出会えた観音さまに、今度は奥様と一緒に
会いに来たいとのご感想もありました。
少し漕ぐペースを落としてみると、新しい発見や不思議な縁が繋がるのも面白いものですね。
来月は、6月9日琵琶湖一周の番外編「竹生島」
そして6月24日は今回のゴールから南へと漕いでいきます。
報告ページをご覧になって興味をもたれた方は、ぜひご一緒に琵琶湖一周に挑戦しましょう!
どの場所からでも、一周のスタートを切ることができます。

2 Replies to “琵琶湖1dayツアー報告(彦根〜柳川) 2012.05.27”

  1. 桂では、ご一緒できなかったご夫妻もお元気に彦根を漕がれたようで良かったです。
    ブログっていいね。
    早く元気になってカヌーを復活される事を毎回気にしていました。
    琵琶湖一周を目指す者として嬉しいですね。
    私も6月24日頃には、きっと家庭の用事も片付いていると期待しながらもうしばらくカヌーは休憩です。
    彦根のツアーの時には私も少しはなれた場所で琵琶湖の清掃中でした。
    同じ琵琶湖をカヌーに乗っているなぁと思いながら穏やかなお天気で、静でよかったね。
    でも、たまにはにぎやかな夫婦も思い出してね。(*^。^*)
    忘れられたら寂しいからね。
    カヌーに参加できなくてもブログのコメントに参加しますからね。
    たっちゃんより

  2. いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
    今日のように蒸し暑い日は、水に飛び込みたい!
    そのような衝動に駆られつつ、せっせとファルトの製作に励んでおります。
    ぐっと我慢したぶん、カヌーに乗れる喜びも増すということで。
    また水辺でお会いしましょう。

コメントは受け付けていません。