琵琶湖の真ん中で楽しむ夏休み 8月7日 沖の白石ツアー報告

琵琶湖から突き出る岩礁「沖の白石」
岸から離れているため、天候の落ち着いている時しか行くことができません。
地図にも載っていない不思議な空間を目指して、ツーリングしてきました。
当日は日本の夏らしい青空が広がるなか、遠く対岸の長浜市や彦根市の建物まで
よく見渡せます。
湖の真中にある目的地も、小さくですがはっきりと確認できました。
バックパッカー的ファルト旅
この日はファルトボート「アルピナ2-430」を背負い、電車でご参加の方も。
余談ですが、このコースを始め、琵琶湖の西側にはJR湖西線が通っており、
折りたたみカヌーを使ったツアー計画を立てやすい場所が沢山あります。
名勝沖の白石
漕いでいると爽やかな風が体の周りを通り過ぎます。
波も穏やかでとても漕ぎやすい。
湖の真ん中でぷかぷか漂いながらの休憩をいれつつ進みます。
徐々に近づいてくる岩礁の白い岩肌。沖の白石は何度訪れても素晴らしい場所です。
琵琶湖にはこんな魅力的な景観があるんです。
そして、この喜びは自分の力で漕いできた者だけが味わえるように思います。
水中には魚が沢山見えます
お好きな場所で休憩タイム
360度どこまでも広がる絶景の見晴らし。
湖の真ん中にたたずんでいると、言葉にならない感動を覚えます。
親子で
初参加の方同士も、カヌーという同じ趣味を通してすぐに仲良くなれます。
素晴らしい景色を共有しつつ、わいわいと歓談を楽しむ。
これもツアーの魅力のひとつですね。
夏の想い出に残るツーリングになりました。
またご一緒しましょう!

One Reply to “琵琶湖の真ん中で楽しむ夏休み 8月7日 沖の白石ツアー報告”

  1. 本当に地図に載ってないのですね。一生懸命パソコンで探しましたがでてこなかったので、私の探し方が間違っているのかなぁとおもっていました。ホット(*^。^*)
    上からの写真凄いですね。登山したような感覚ですね。頂上に立っているような不思議な風景ですね。きっと私は足がすくんで登れないでしょう。流れ橋の上から川を覗き込んだだけでも凄く恐怖を感じ、橋が揺れているような錯覚さえしました。
    川面から眺めるだけ十分満足です。
    琵琶湖はまだまだ素晴らしい未知の世界です。もっと琵琶湖を知ろう!!

コメントは受け付けていません。