琵琶湖 近江八幡お花見ツアー報告 4月10日

IMGP0365.jpg
湖岸沿いに植えられた桜並木を堪能できる、近江八幡の隠れた穴場的スポットを
皆さんとご一緒しました。
初夏を思わせる陽気に穏やかな風と、カヌー・カヤックに乗って水上からのお花見を
楽しむには、絶好のツーリング日和です。
IMGP0366.jpg
昼食は地元農家の方に用意していただいた、お花見弁当。
湖岸に咲いた一本桜の真下で食べる手作りのお弁当の味は、また格別です!
IMGP0367.jpg
IMGP0368.jpg
湖岸のおしゃれなカフェ「シャーレ水が浜」さんの真下に上陸。
素晴らしい桜並木のトンネルの中を、歩いて散策します。
例年より少し開花が遅れぎみでしたが、この辺りは桜が綺麗に花開いており、
私達の目を楽しませてくれました。
IMGP0525.jpg
湖面も穏やか。せっかくなので、もう少し足を延ばして湖岸にある伊崎寺まで
漕ぐことにしました。
お寺に近づくにつれて、太い角材が琵琶湖へと突き出ているのが見えてきます。
このお寺では、毎年8月1日に「伊崎の竿飛び」と呼ばれる、面白い行事が行われます。
褌姿の若者が長さ約13mの角材(竿と呼ばれています)の先か、竿先につけた
鉄の環に足をかけてぶら下がった状態から、7m下の湖面に飛び込みます。
この行事の由来は、約1100年前にこの寺で修行中の僧が、琵琶湖に空鉢を投げて
湖上を行きかう漁民たちに喜捨(きしゃ)を乞い、そのあと、自ら湖に飛びこんで
空鉢を拾いあげた。という故事に基づくそうです。
なんとも湖国らしい伝説のある場所ですね。
琵琶湖の春を堪能できた一日でした。
4月のお花見ツアーも残すところあと三つ。
今後のツアー
この季節だけの素晴らしい景色が楽しめるコースばかりです。
皆さんのご参加をお待ちしております。
ありがとうございました。

“琵琶湖 近江八幡お花見ツアー報告 4月10日” への1件の返信

  1. 毎回カヌーツアーに参加するたびに沢山の景色、伝説や、湖の地形の変化、食べ物などなどの説明を聞き、楽しいツーリングができる事を楽しみに参加しています。
    でも、しばらくすると忘れてしまうのがどうも、辛い(-_-メ)
    同じ場所に1年後又参加しても新鮮に思えるのはそのせいかもね。四季折々に素晴らしい景色が見られることがいいね。自然の芸術、アートだね。

コメントは受け付けていません。