清流古座川で過ごした3日間 京都YMCA Updraft野外人 その3

8月8日(日)、古座川キャンプツアーはいよいよ最終日。
この日のツーリングは河口から、その西側にある橋杭岩を経て
ゴールの橋杭海水浴場を目指します。
IMGP1222.JPG
午前6時20分の空。
青空に湧き立つ夏の雲。日曜日は朝から晴天でした。
IMGP1223.JPG
明け方に降ったかなり強い雨の名残。
誰かさんのテントはタープの脇にあったため、そのタープに溜まった水が
勢いよくテントに降り注ぎ、「ピンポイント豪雨」となったようです。
朝食、キャンプ用品の撤収のあとは出艇地に全員で移動。
IMGP1227.JPG
出艇前の1枚。
橋杭岩への回送の車が帰ってくるまで、しばらく待機です。
全員の準備が整い、コース説明のあと9時10分に出艇。
IMGP1234.JPG
波は昨日よりおだやか。
出艇後はやや沖合を東から西へと進みます。
IMGP12401.JPG
いかだを組み、九龍島を背景に全員で記念撮影。
IMGP1244.JPG
出艇地から約3.5km、橋杭岩(はしぐいいわ)に到着。
IMGP12471.JPG
大小約40の岩が850mにわたり一列に連なり垂直にそびえる橋杭岩。
直線上に立ち並ぶ岩の姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれています。
IMGP1249.JPG
橋杭岩からゴールまではあとわずか。
波が少し高くなった海上を皆懸命にパドリングしていました。
IMGP1257.JPG
10時50分、橋杭海水浴場に到着!
全員の協力があって3日間のツーリングを無事に終えることができました。
着艇後はカヌー用品の撤収と着替えと昼食。そして車でJR串本駅へ移動。
予定通り12時26分串本駅発の電車に間に合いました。
IMGP1263.JPG
YMCAの皆さんを見送り、すべての撤収を済ませてからの帰り道、
古座川の北東に流れる太田川をつかの間下見。
水の透明度は古座川より高く、流域はとてものどかな雰囲気。
一度じっくりと下ってみようと思います。
ツアーが開催できるような川であれば、ぜひご参加くださいね。
IMGP1264.JPG
8月7日土曜日、古座川下流域での夕焼け。
京都YMCAの皆さん、今年も夏のカヤックツーリング&キャンプに
ご参加いただきましてありがとうございました。
古座川での3日間は天候に恵まれ、充実した時を過ごすことができました。
1年後もまたどこかのゲレンデで皆さんと過ごす夏を楽しみにしています。
リーダーや野外人を卒業すれば、カヤックとの接点が少なくなるかも知れませんが
そんな時はフジタカヌーのカヌースクールツアーに遊びに来てくださいね。
また来年、元気な姿でお会いしましょう!

“清流古座川で過ごした3日間 京都YMCA Updraft野外人 その3” への1件の返信

  1. 早朝の空と、夕焼けの空とても対照的で素晴らしい自然の空ですね。楽しい夏の体験、思い出がいつまでも少年少女たちの記憶に残ることでしょう・・・・・。古座川はいつも綺麗な最高な水質のようですね。
    機会があれば一度は経験して見たい場所のひとつですね。

コメントは受け付けていません。