流された橋 木津川・泉大橋〜上津屋橋ツアー

10月21日、2012年2度目の木津川・流れ橋ツアーを開催。
当日はまさに秋晴れ。絶好のツーリング日和でした。
20121021IMGP1355.jpg
心地よい速さで流れる木津川をゆっくりと下る。
木津の泉大橋をスタートして約4.5km、開橋を通過。
20121021IMGP1360.jpg
水位が低いと、写真のように、はっきりと川底を確認できます。
20121021IMGP1383.jpg
すがすがしい、抜けるような青空も印象的な一日でした。
20121021IMGP1397.jpg
あまり見かけない小さな昆虫。カメムシでしょうか。
20121021IMGP1404.jpg
玉水橋をくぐり、赤いアーチの山城大橋で昼食休憩。
風に吹かれることもない水上でした。
20121021IMGP1403.jpg
川原に即席ダイニングをセッティングして、ゆっくり食事する田中さん。
1時間ほど休み、8km先にある流れ橋に向けて再出発しました。
20121021IMGP1416.jpg
流れはどこまでもおだやか。
20121021IMGP1422.jpg
時に曲芸を披露していたラジコンの飛行機。
泉大橋より下流の河川敷は広く、こうしたラジコンの飛行機はよく見かけます。
20121021IMGP1430.jpg
毎回ポーテージする近鉄鉄橋の下流側にある水たまり。
先日の銚子川には及ばないものの、この日の水もきれいでした。
20121021IMGP1450.jpg
稚魚にとって、渇水時は安全なこの場所も、増水時にはなくなって
やがてここから旅立たなければなりません。
20121021IMGP1432.jpg
近鉄鉄橋では全員で協力して、全ての艇を運搬しました。
毎回、川の水位によって歩く距離が変わります。
20121021IMGP1495.jpg
近鉄鉄橋から旅立つ河村さん。相変わらず、いい顔してます。
20121021IMGP1501.jpg
流れ橋が近づくとともに、日は西に傾いていきます。
左岸のかなたにある太陽に照らされて、16時に流れ橋着艇。
20121021IMGP1533.jpg
今年の増水で流された流れ橋を背景に全員で記念撮影。
普通に撮影したのち、流れた橋のイメージを表現していただこうと
「全員寝てください。」とお伝えしたところ、ブーイングの嵐・・・。
予想外の展開にたじろいでしまいましたが、
20121021IMGP1537.jpg
何とか妥協点を見出しました。
皆さま、ご協力ありがとうございました。
流れ橋ツアーで最も疲れること、それは最後の運搬。
20121021IMGP1548.jpg
川の右岸側から左岸の堤防上にある東屋まで全ての道具を運びます。
夏は汗だくになります。
20121021IMGP1549.jpg
10月21日、流れ橋はまだまだ元の状態には戻っていなくて、復元工事の途中でした。
20121021IMGP1550.jpg
それにしても、水流の強さというのは凄まじい。
20121021IMGP1562.jpg
撤収を終えて一息つくと、西の空には美しい夕焼け。
心がなごんだ、秋の流れ橋ツアーの終幕でした。
上田洋樹

“流された橋 木津川・泉大橋〜上津屋橋ツアー” への2件の返信

  1. ああ、折角の流れ橋が本気で流されていて風景が半減、でも、これはこれで又素晴らしい風景ですね。
    木津川も淀川も一部分だけですがとても綺麗に透明度のある水質の場所があるのを私は知っています。見ています。
    この水質がどこまでも続いてくれるといいなぁと願っている大阪のたっちゃんでした。
     道頓堀川をプールにせずにカヌーで遊べる広場がいいなぁ。ならないかなぁなんてね。夢見る夢子!!

  2. やっぱり動画はいいね。
    楽しいわ。
    参加したような気がする。
    しっかり聞くと、山○さんが何を探しているんだって?
    空耳だったのかなぁ(●^o^●)
    土器かなぁ、竹かなぁ、アケビかなぁ、すっぽんかなぁ、
    木津川は宝物がいっぱい埋まっていそうだよ。
    山城京の跡地だものね。
    掘ればザックザック大判小判が出てくるかもねって夢のある京都だよね。
    ああ、それはそうと、もう今年も後二ヶ月をきっちゃいましたね。来年は巳年だね。
    巳年は粘り強く頑張らなっくちゃね。
       たっちゃんより

コメントは受け付けていません。