木津川日帰りツアー報告 笠置〜木津 6月16日(日)

梅雨時の6月3週目の日曜日、木津川を笠置から木津まで
約13kmツーリングしました。
ツアー当日は時折小雨に降られましたが風はなく、豊富な水量で
流れが続き、ゴールの木津・泉大橋まで快適に下ることができました。
今回のツアーの様子は14枚の写真でご紹介します。
動画はこちらからどうぞ。
20120616IMGP0006.jpg
朝の出艇準備風景。艇は2分割式のA-1-Dです。カヌー広場にて。
20120616IMGP0010.jpg
全員の準備が整い水際に集合。
いつものように1日の予定とコースを説明。自己紹介もしていただきました。
半分以上の方が笠置〜木津間のコースが初めてでした。
20120616IMGP0021.jpg
10:25出艇。
午前7時での水位は−2.3mほど(加茂観測所)。
それから正午頃には−1.9m前後まで増水しました。
木津川の水位は−2mを上回ると瀞場が少なくなり、かなり下りやすくなります。
20120616IMGP0028.jpg
コース前半、渇水時には通過できない水路をゆく。
艇はアルピナ1-400、オーダーカラーのペールピンクです。
20120616IMGP0055.jpg
カヌースクールではいつもフェリーグライドを練習する瀬。
この日の波は高く、連続する波を越える楽しさがありました。
20120616IMGP0096.jpg
12:00加茂の恭仁大橋下流右岸に到着。約1時間、昼食休憩しました。
再出発前に全員で記念撮影。左に小さく写っているのが恭仁大橋です。
今回は総勢12名でした。
20120616IMGP0099.jpg
コース中盤の景色。
こうして見ると、木津川流域は手付かずの自然があって
のんびりとしたツーリングを楽しむことができる、いい川だなぁと実感します。
20120616IMGP0107.jpg
空は終始曇天でしたが、寒さを感じることがない気温と
ゆったりとした流れで、心地よい水上の時間を満喫しました。
20120616IMGP0110.jpg
コース中盤、左岸に流れる水路。
下っているように見えますが、実は上流に向かって漕いでいます。
200mほど漕ぎ上がり、中洲をまたいで本流に行こうとしましたが
中州上流側の流れが速く、最後に断念しました。
20120616IMGP0124.jpg
ゴール直前、もう一つの水路をゆく。
この水路も水が少ない時には通り抜けることができません。
笠置〜木津のツアーではおそらく初めてのコース選択でした。
20120616IMGP0129.jpg
川に対して90度に派生する水路。つかの間の寄り道。
20120616IMGP0136.jpg
14:10無事(?)に木津・泉大橋下流左岸に着艇。
ゴールを通り過ぎて、流されないように草をつかむ河村さん。
長野の万水川を思い出されたようです。
20120616IMGP0139.jpg
あらかじめ回送していた車に艇の積み込みを終えて、笠置に帰る前の1枚。
ゴール直前には4名の方が連続して沈するというハプニングがあり
最後は大いに盛り上がりました。皆さん、ナイスファイトでした。
ツーリング後は3台の車で笠置に戻り、撤収のち解散。
夕方のカヌー広場は静けさに包まれていました。
20120616IMGP0140.jpg
10名の皆さん、今回もご参加ありがとうございました。
また、7月8日(日)の木津〜流れ橋ツアーのお申し込みもありがとうございます。
同ツアーは開催が確定しています。あと4名で定員となりますので
ご参加を検討されている方はお早めにご連絡ください。
次回のツアーもよろしくお願いします!
動画はyou tubeにて公開しています。どうぞご覧ください。
フジタカヌー 上田洋樹

One Reply to “木津川日帰りツアー報告 笠置〜木津 6月16日(日)”

  1. いいね。
    水量が増えると今までと違ったコースが体験できて・・・・(*^。^*)
    ちょっと雨で思わぬ増水、お天気が良くても水量が増えすぎてもカヌーは難しくなりますね。
    渇水してもカヌーはできないし。
    何でもほどほどがいいね。
    皆さん楽しくエンジョイしてますね。
    次回は流れ橋までのコースですね。
    近鉄電車の一部分を除いては楽しいツアーの続きができますね。
    早く皆さんと合流してカヌーで遊びたいよ〜〜・・・・(●^o^●)
    たっちゃんより

コメントは受け付けていません。