木津川 流れ橋ツアー報告3  【木津川の不思議】 10月23日(土)

ゆっくり昼食休憩をとってからは再び流れ橋を目指してツーリング。
IMGP3887.jpg
青空に広がる秋の雲。
夏の雲と比べるとどこかひかえめで儚い風情。
IMGP3893.jpg
標題の「木津川の不思議」。
近鉄鉄橋下の水たまりの水中です。
水はご覧のような美しさ。
長野県万水(よろずい)川の河畔にある安曇野湧水群に勝るとも劣らない透明度です。
この水たまりは渇水時期に、この場所を訪れても必ず水を湛えていて
その水はいつも透き通っています。おそらくこの場所では、水がめぐり巡って
川底から湧いているのではないでしょうか。本当にきれいです。
小さく斑点のように見えるには魚の子供たちです。
外敵がいない、楽園のようなこの場所で育ち
やがて増水した折にはここから旅立っていくのだと思います。
言うなれば、稚魚の保育室。
木津から流れ橋に向けてツーリングされる方はこの美しさをご覧になってください。
源流の沢を除けば、この水は木津川で最も透明度が高いと思います。
IMGP2883.jpg
安曇野湧水の水中写真。
木津川は勝らず少し劣っていました・・・。
IMGP3901.jpg
近鉄鉄橋下は無数の杭や堰があるためポーテージ。
50mほどカヤックを運び、鉄橋下流から再出発。
流れ橋ツアーはここから後半へと
つづく

“木津川 流れ橋ツアー報告3  【木津川の不思議】 10月23日(土)” への1件の返信

  1. 木津川は茶色と言うイメージでしたか、とても透明度あり、夏より秋から冬にかけてのほうが綺麗よと教えてくれた方がいましたが、本当ですね。
    身近でこんなに綺麗な川があるのですね。
    大事に自然を守らなくてはいけませんね。
    木津川沿いをもっと桜の木が増えるといいなぁ。春が楽しみになるのにね。

コメントは受け付けていません。