京都笠置町から水都大阪へ アルピナ1-450進水ツーリング報告【1】

鳥羽・二見浦シーカヤッキングツアーが中止となり、カヌースクールもなかった6月25日土曜日、
かねてから計画していた新艇アルピナ1-450の進水を木津川で決行しました。
今回の航程はフジタカヌーの工房がある京都府南部の笠置町から大阪の毛馬までの約65km。
新艇の進水地は和歌山の白浜や徳島の海部川など、いくつも候補がありましたが
最初のツーリングは、このファルトボートが生まれた笠置町から始めることに。
ツーリングの詳細は日本カヌー普及協会の会報「ミニパドル」でお伝えするとして
このブログではロングツーリングで出会った風景をご紹介します。
【笠置〜木津・泉大橋 約13km】
625IMGP0005.JPG
2011年6月25日土曜日18時18分、ツーリングの準備が完了して西日と笠置大橋を背景に。
625IMGP0009.JPG
5分ほどウォーミングアップしてから、18時30分に獅子岩からツーリングを始めました。
天気予報は25日夕方から26日午前まで晴れ。加茂の水位はこの時点で−2.1m前後。
風はほとんどなく絶好のコンディションでした。
625IMGP0021.JPG
今回はさまざまな雲と出会った旅でもありました。
625IMGP0033.JPG
19時29分、加茂町の恭仁大橋を通過。
625IMGP0036.JPG
刻々と変化する空の明るさ。左岸のかなたには積乱雲。
ここでは雷のすさまじい光を何度も目撃。夏の始まりを感じた瞬間でした。
夕暮れから空がゆっくりと青くなり、日没前に国道163号線と木津川が
最も接近する地点で1度目の休憩。これからのナイトツーリングに備えて
遅い昼食を済ませてからフラッシュライトをカヤックに装着しました。
625IMGP0037.JPG
今夜の照明はカヤックのフラッシュライトとヘッドランプの2つ。
20時33分、500mほど前方に木津の泉大橋が見えてきました。
625IMGP0040.JPG
20時40分の泉大橋。いよいよ本格的なナイトツーリングが始まります。
つづく
フジタカヌー 上田洋樹

2 Replies to “京都笠置町から水都大阪へ アルピナ1-450進水ツーリング報告【1】”

  1. 上田様おめでとうございます。新艇完成したのですね。
    早く見たいですね。
    ナイトツアーの笠置からの出艇楽しみです。大阪まで65kmもあるのですね。
    ご一緒に漕ぎたかったなぁ!
    あ、そうだった、私たち25,26日と別の場所でカヌーを楽しんでいたのでした。
    26日は、同じ木津川を又、淀川を漕いでいた事になりますね。
    淀川を漕ぐ時間を知っていれば気をつけて川を見ていたのに残念だわ。
    続きのブログ楽しみに待っています。

コメントは受け付けていません。