ニゴイを手づかみ 8月29日(日)木津川カヌースクール

8月29日、この日は猛暑。
午後からのツーリングの後半、支流と本流の合流地点に大量のニゴイが生息していました。
IMGP2070.jpg
現在の木津川の水はぬるいですが、支流の水温は湧水のように清冽で
暑さをしのぐように浅瀬にいたニゴイを手づかみしました。
IMGP2071.jpg
ニゴイはコイよりも体が前後に細長く、鼻先が前に突き出ています。
砂底がある水域を好むので、カヌースクールで下る区間ではよく見かけます。
木津川ではニゴイの他、時に80cmを超えるコイや鮎なども見ることができます。
ニゴイの別名はマジカ、キツネゴイ、ヒバチゴイ。
キツネゴイという別名はニゴイの特徴をよくとらえていると思います。

One Reply to “ニゴイを手づかみ 8月29日(日)木津川カヌースクール”

  1. ニゴイですか。時々大きな鯉を見かけることがありましたがもしかしたらニゴイだったかもね(^_-)-☆
    まだまだ生き物健在ですね。
    楽しい発見、体験が出来ますね。
    地方によって沢山の名前を持っている魚がいるのですね。
    楽しいわ・・・・(●^o^●)

コメントは受け付けていません。