ガイドUの小川(こがわ・和歌山県古座川支流)ソロツーリング報告 2/3

小川(こがわ・和歌山県古座川支流)の下見報告第2弾です。
巻頭のカットはツーリング途中で見かけた錦鯉。
純白の中に鮮やかなオレンジの模様があり、高貴な雰囲気がありました。
思えば、川くだりの最中で魚を見かけたのはこの1匹だけ。
清流を自在に悠々と泳ぐ姿に憧れに近いものを覚えましたが、1人だけでどこか寂しそう。
他の魚たちはどこにいるのでしょう。ツアー当日にまた会えることを願いその場を離れました。
小川は水深があっても必ず川底をはっきりと見ることができます。
このツーリングでは風景を見る時間と同じくらい川底を眺めていました。
本当にきれいです。
それでは、時間にそって小川をご紹介します。
この日も、陸上の下見をすべて終えてから、ゴールにハイエースを置いて
出艇地へとバイクを走らせました。
バイクは車では通れないルートの様子を知ることができるので便利です。
吊り橋の真ん中でひと休みして、小川上流をゆっくりと眺める。
吊り橋直下には惚れ惚れするほどの清く尊い水が流れています。
この橋を渡り、そこからは左岸沿いをさらに上流へと。
滝の拝まであと1分という地点でライダーに道を尋ねられました。
「滝の拝ってこのまま行けばいいの?」
その時、私はかなり年季の入ったジェットヘルメットをかぶり、しかも原付だったので
地元住民と思われたのでしょう。
話はどんどんそれていきますが、私はホームセンターで店員に間違えられたこともあります。
その時は店員になりきって、ご希望されている商品がある売り場までご案内しました。
今日は日中の忙しい最中、見知らぬ女性から間違い電話がかかってきました。
閑話休題。
「道なりに行けばいいですよ。」とお伝えした直後、その先には分かれ道。
ライダーは振り返りながら、左手で左右を指し、どちらかを尋ねる。
私は左手で左を合図。進路はハンドコンタクトで通じたようです。
いつも思うことですが、バイクや自転車を趣味とされている方には
ぜひともカヤックでのツーリングも経験してほしいものです。
未知なる風景を追い求め、風や季節の匂い、朝、昼、夕、夜と
刻々と移りゆく光景を全身で感じられることは共通だから。
私は原付から250、750、900と単車を乗り継ぎ、自転車は二十歳の頃に買った
キャノンデールのマウンテンバイクを今だに大切にしています。
今は単車はないのですが、この夏はカワサキW650あたりのビッグツインをレンタルして
金沢に単身赴任している親友に会いにいこうかと思案中です。
滝の拝に到着後はライダーの方と二言三言お話してから
事前に車から降ろした愛艇A-1を担いで水辺まで。
滝の拝で軽くウォーミングアップをしてからツーリングを開始しました。
ツーリング開始直後の1枚。
水がきれいなゲレンデでは水ばかり撮影してしまいます。
何度も申しますが、小川はほんとに最高です。
私の「好きな川ベスト3」に確実にランクインしました。
と、小川の魅力ばかりお伝えしていますが、そこは自然のこと
こんな感じの倒木(ストレーナー)も航程中盤に存在します。
ツーリングではこういった危険な箇所は安全に通過できるようにガイドしますので
安心してご参加ください。下見はこのようなポイントを見極めるために行っています。
それでは今日はここまで。
滝の拝でお会いしたライダーの方、一度木津川のカヌースクール
ツーリングがてら遊びにいらしてください!お待ち申し上げております!!

カテゴリーnews

“ガイドUの小川(こがわ・和歌山県古座川支流)ソロツーリング報告 2/3” への1件の返信

  1.  小川いいですね。行きたいですね。古川については数年前、古座川の神保館に泊まった時にご主人などに勧められましたが、
    水量の関係で下れる時期が限定されるそうですね。
     ブログもコメントを書いたりできるのでいいですね。

コメントは受け付けていません。