オオサンショウウオと水中生物

2月某日、オオサンショウウオと水中の生き物に会いに行ってきました。
20130210IMGP0040.JPG
【オオサンショウウオ】
両生綱有尾目オオサンショウウオ科オオサンショウウオ属に分類される有尾類。
別名ハンザキ。最大全長150cm。野生個体では全長100cmに達することは極めてまれで
全長50〜70cm。皮膚は無数の小さな疣状で覆われる。体側面や四肢の後部では襞状に
皮膚が伸長する。背面の色彩は暗褐色で、不規則な黒い斑紋が入る。標高400〜600mに
ある河川の上流域に生息する。完全水生。夜行性で、昼間は水辺に掘った巣穴などで休む。
中流や下流でも見られることがあり、市街地近くや水田の水路に生息していることもある。
1952年、特別天然記念物に指定。
20130210IMGP00401.JPG
愛嬌がある顔ですが、大きな口を開けて魚、蛙、甲殻・貝類などを食べます。
20130210IMGP00402.JPG
個性的な顔立ちの蛙。かなりの男前です。ひたすらじっとしていました。
20130210IMGP00403.JPG
ゆったりと泳ぐウミガメ。
20130210IMGP00404.JPG
胸びれと尾びれを細かく振って泳ぐミナミハコフグ。
体長2cmほどの小さなフグは特に可愛かったです。
20130210IMGP00405.JPG
イトクラゲ
その名の通り、糸のように細い触手があります。
20130210IMGP00406.JPG
写真にはうまく写りませんでしたが、発光する姿がとてもきれいだったクラゲ。
20130210IMGP00407.JPG
ライトアップで青の蛍光色に光る水クラゲ。
20130210IMGP00408.JPG
強烈な目ヂカラの淡水魚。体長は8cmほど。
20130210IMGP004010.JPG
近畿の方はもうお気付きかと思いますが、以上京都水族館報告でした。
20130210IMGP004011.JPG
館内のディスプレイに映し出されたオオサンショウウオが泳ぐ姿。なんとも神秘的。
いつか野生のオオサンショウウオに出会いたいものです。
上田洋樹

2 Replies to “オオサンショウウオと水中生物”

  1. こじんまり感がええですよね、ここ。
    実は年パス持ってたりします(笑)
    オオサンショウウオの子供の頃の姿に良く似た、ウーパールーパーがわが家にはおりました。
    過去の話ですが。。。
    かわいすぎでしたよ。
    (ちなみに、次はカエルかトビハゼを飼いたいなぁとおもてます)
    写真見てたら行きたくなってきたので、近いうちに行こうと思います(笑)

  2. 京都水族館でしたか(*^。^*)
    オオサンショウウオだったので赤目かなぁと思いましたが、見ているうちにこれほど沢山な生き物はいないなぁと思い、最後まで見てみると京都でしたね。一度も行った事がないので一度見に行ってみようと思いました。年パスがあるんですね。子供がいたら年パスのほうが安いかもね。

コメントは受け付けていません。